マナー講座14 "テーブルマナー"

Koto Dance Studio マナー講座シリーズです

全16回に分けてお届けします♫

ダンス界のみならず日常生活でも自然にマナーやエチケットが守れると

周りからも紳士・淑女として一目置かれる存在になるでしょう!


14. テーブルマナー



"13. レストランにて"とも大きく関連するテーブルマナー

ホテルなどで行われるパーティーでのお食事や

目上の人とのお付き合いで行くお食事のマナーを知っておきましょう

◆が洋食のマナー ◾️が和食のマナー ⚫︎が中華料理でのマナーです

それぞれで違うマナーもあるので目を通してください

★は共通マナーです


◆カトラリー

 ナイフを口に持ってこない。肉などを切るときだけ使う


 ナイフとフォークを平行に並べて皿の上に置く→食事が済んだ合図

(刃を内側に向ける。縦に並べると英式、斜めに並べると仏・伊式)


 ナイフとフォークを交叉させて(あるいはハの字に)皿の上に置く→食事中の合図

(刃を内側に向ける)


 使ったカトラリーはテーブルに直置きせず必ず皿の上に置く

 

スープをスプーンでいただくときは手前から奥に向かってすくうようにスプーンを使う


何かをどうしても口から皿に戻さざるを得ないときは必ずフォークかスプーンを使う

(魚の骨は例外で指を使っても構わない)


 複数のフォーク・ナイフがテーブル上にある時は基本的に外に置いてあるものから使う


 フォーク・スプーンのいずれかだけで食べるとき反対の手首をテーブルの端に置く


※どのカトラリーを使ったらいいかわからないときは人に尋ねたり

周りの人に倣ったりするといいでしょう

"Nobody is perfect" 気後れすることはありませんよ


◆ナプキン

 着席後にすぐに広げるのはNG


 目上の人・主賓の人がナプキンを取り上げてから

あるいは料理が来たタイミングで取り 広げる


 1/2または1/3に折り曲げて折り目を自分の方に向けて膝の上に置く

または三角形に折って折り目を自分の方に向けて膝の上におく

(このとき三角形の1つ角をお尻の下に挟むと落ちなくて便利)


首からさげてはいけない


 ナプキンをハンカチのように使わない


 口の周りをこする・机を拭くなどに使用しない

 (飲物を飲む前・食事の最中・食事が済んだときに口を拭くのに使うのはOK)


 汚れを他人から見えないようにする


 使用済みのナプキンは さらに別の食事の時に使う場合のみたたむ


 使用済みのナプキンは軽くたたんでテーブルの左奥に置く

(綺麗にたたむと「サービスに不満」の意になるので注意⚠️)


 使用済みの紙ナプキンは皿の上かためて置く


 中座するときは背もたれにかける、もしくは座面に置く


◾️箸 

以下はやってはいけない行為を記載しています

 迷い箸:どの料理を食べようか皿の上で箸をうろうろさせること

 探り箸:中身を確かめるために箸で探る

 刺し箸:料理を箸で突き刺すこと

 涙箸:汁を垂らしながら口に運ぶこと

 移り箸:おかずからおかずへ続けて食べ、ごはんに戻らないこと

 ねぶり箸:なにもつまんでいないのに箸先をなめたりくわえたりすること

 寄せ箸:器を箸で引き寄せること

 渡し箸:器の上に箸を置くこと

 指し箸:人や料理などを箸で指すこと

 もぎ箸:箸の先についた米粒などを口で取ること

箸渡し:箸から箸へ食べ物を受け渡すこと

ちぎり箸:箸を片手に1本づつ持ち料理をちぎること


◾️懐紙

以下では懐紙の正しい使い方を記載しています


 懐紙を2つに折り その折り目を自分の方に向けて受け皿の代わりにする


 口や指先を拭く


 ささった骨を取るときなどに口元を隠す


 焼き魚の中骨をはずすときに魚をおさえる


 食べ終えたあとの魚の骨などの残骸を隠す


 杯や箸を拭う


※使用した懐紙は持ち帰りましょう。


⚫︎円卓に関するマナー


中華の最大の特徴とも言える円卓では他では見られないマナーがあります

チェックしておきましょう


 出入り口から最も奥の席が上座 上座から見て左隣が次席、右隣が三席

 

主賓または最も目上の人が一番に料理を取り それから基本的に時計回りで回す

(近くのものは断って逆に回して取っても構わない)


 使った皿やグラスを円卓に戻してはいけない

 

円卓においていいのは料理と調味料のみ


⚫︎マナー違反となる行為


 人の分まで取り分ける


 立ち上がって料理を取る

★共通マナー

 

他の人の耳障りになるような咀嚼音を立てない(飲み物をすすらない)

うどんやそばなどは音を立ててすすっても構いません


 手の甲で口を拭いてはいけない / 手の甲をズボンやスカートで拭いてはならない


 ビンからでなくグラスで飲むほうが好ましい


 隣席の人が盛り皿から取ろうとしているときは手伝う


 テーブルに肘をついてはいけない

 

職場でパンを手で食べるのは構わないが 汚い手で食べたり

汚い食べ方で周りの人の食欲を減退させてはいけない


 注文時はいつも同じものを頼むよりかはいろんなものを注文する方が好ましい


 清潔な服装を心がける

(膝が隠れる服を選ぶ。正式な店や高級な店などではミュールやブーツは避けた方が無難)

 

座敷に上がる時は素足でない方が好ましい

 

食事中に髪の毛を触らない

 

食事中の「料理の批評」の会話はNG もちろん下品な話は禁止

 

食べる早さは周りの人に合わせる


 荷物はコンパクトに(大きな荷物はクラークで預けるなどする)


以上のマナーに気をつけながら、みなさんとのお食事を楽しんでくださいね♫

#マナー講座 #マナー #エチケット #Kotoのマナー講座

閲覧数:2回0件のコメント

関連記事

すべて表示